介護医療の種類

介護医療の種類

目的にあった選び方

介護施設は種類が多くそれぞれの施設の特徴や入居にかかる費用は多岐にわたります。介護保険は保険料や支払額の計算も複雑で、「介護はわかりにくいことがたくさん」と思う方も多いでしょう。そんな中で、「このまま自宅で介護を続けるほうが良いのか」「認知症の母を入居させるのに最適な施設はどこなのか」といったことを考えると、結局どうやって介護していけば良いの?と迷ってしまうのも無理はありません。高齢者や要介護者を対象にした介護施設や高齢者住宅は種類が多く、サービス内容や目的、費用や料金、入居条件なども施設によってさまざまです。民間の運営する有料老人ホームをはじめ、サービス付き高齢者向け住宅、特養・老健などの介護保険施設など、利用対象者や目的・役割がそれぞれ異なります。まず、自分に合った介護施設を探すには施設の種別ごとの特徴を整理し、理解することが必要になります。

特別養護老人ホーム

に介護が必要で、自宅での介護ができない方のための施設として「特別養護老人ホーム」があります。
ここでは、食事や介護などの日常生活の介護や健康管理を受けられます。
また、1か月の施設サービス費が他施設に比べて低くなっています。
しかし、このような施設は入所希望者が多く、長期間入所待ちという状況です。

有料老人ホーム

特別養護老人ホーム同様に自宅で介護ができない方のための施設には「有料老人ホーム」があります。
こちらの施設は、居室のすべてが個室となっています。また、入居時に支払う一時金の他、1か月の費用負担は特別養護老人ホームより多くかかります。
▶ 介護付有料老人ホーム ペアウェル多摩川はこちらの種類になります。

老人保健施設

リハビリに重点をおいた介護を目的とした施設として「老人保健施設」があります。
ここでは、医学的な管理のもとで介護や看護・リハビリを受けられますが、リハビリを目的としているため、ほとんどの場合入所期間が3か月となっています。
病院で治療を終え自宅に戻るための準備や、他の施設へ移るための準備などのために利用することもあります。

グループホーム

認知症の方のための施設として「グループホーム」があります。
この施設は、認知症の高齢者の方が共同で生活をする場で、食事や入浴などの介護や支援、機能訓練を受けられます。

ケアハウス

比較的軽度の介護サービスで大丈夫という方には「ケアハウス」があります。
ここは、日常生活を自立して送ることができる高齢者の方向けの施設です。
基本的には「自立」できる方が対象ということになっていますので、日常的に介護が必要となった場合、施設としての対応が困難になり退去ということもあります。

サービス付き高齢者住宅

比較的軽度の介護サービスで大丈夫という方には「ケアハウス」があります。
ここは、日常生活を自立して送ることができる高齢者の方向けの施設です。
基本的には「自立」できる方が対象ということになっていますので、日常的に介護が必要となった場合、施設としての対応が困難になり退去ということもあります。
▶ シニア向け賃貸マンション ペアウェル南山はこちらの種類になります。

ご利用者様、ご入居者様にあわせた

ペアウェルの3施設